住宅ローンの保証人保証料


住宅ローンを借りる場合には、万が一、住宅ローンの契約者が、住宅ローンの返済中に返済不能・支払えなくなった場合に代わりとなって、債務を負う連帯保証人を立てることが必ず必要になってきます。

しかし、わざわざローンを肩代わりするという厳しい責任を伴う連帯保証人になりたがる人などほとんど居ないでしょう。そこで、いまではほとんどの金融機関で個人の連帯保証人の代わりに保証会社に連帯保証を依頼することが一般的になってきています。その保証会社は利用者から保証料を受け取ることにより、連帯保証人になってくれるということです。

住宅ローンの諸費用のうちのほとんどは保証料です。

この住宅ローンの保証料の意味は、住宅ローンを借りる人の財産などを保証するものでなく、連帯保証人の代わりになってもらうための費用ということになります。

また、保証料の支払い方法は、借入時に一括支払い、または金利に保証料分を上乗せして毎月の返済と一緒に支払う分割方式があります。

いずれにしても保証料は高く、大きな金額なのです。

この保証料がかからないという要素のみを考えて、その商品が良いと決められるわけではありませんが、住宅ローンを選択するときの、基準のひとつとしても、「保証料」の内容を知っておいていただきたいですね。

住宅ローンについて調べてみて参考になったサイトを掲載しておきます。

役立ちそうだったらどうぞ。

今は不景気のためこれまで例を見ない低金利なので、住宅ローン金利も安いですが、違う見方をすると不景気で給与やボーナスの減額やリストラや倒産のリスクが高まっているとも言えます。

そのためか、数年前までは返済にボーナスを見込む場合も多かったですが、今はボーナス返済が少ないようですね。

関連記事


花粉症に良い食品

花粉情報には花粉症に良い食品も紹介されています。 症状を緩和する働きがあることからも、食べることを習慣にしてみても良いでしょう。 2011年にはこれまで以上...


AX



Produced by